SDGsの取り組みを始めました

彦中産業は産業廃棄物処分業を営む会社として、事業活動を通じた未来への取り組みを始めました。
 


 
【SDGsとは】
SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略称で、エスディージーズと読みます。
日本語では「持続可能な開発目標」と呼ばれています。
 
Sustainable(サスティナブル)は、「持続可能な」という意味です。
Development(デベロップメント)は、「開発」という意味です。
Goals(ゴールズ)は、「目標」や「目的」という意味です。
 
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
 
 
【彦中産業の取り組み】

【人権・雇用】
 

資格取得補助や研修受講制度など、時代の流れに合わせた改定を進め、多様な働き方に対応した諸制度の制定に取り組んでまいります。
 


 

【ダイバーシティ経営】

   

外国人やシルバー人材の積極採用など、年齢・性別・出身などにとらわれず、誰もが平等かつ公平に輝ける、働きがいある職場の実現に取り組んでまいります。
 


 

【環境】

      

・啓蒙活動への取り組み
セメント・製紙・製鉄メーカーなどに対して、廃棄物を原材料等に有効活用することを積極的に推進し、「ゼロエミッション」の取り組みに貢献してまいります。
 
・地域社会への取り組み
自治体に対し「環境アセスメント」を実施するなど、地域の良質な生活環境の保全や、安心・安全な街づくりに貢献してまいります。
 
・社会貢献への取り組み
バイオディーゼル燃料の利用と販売など、資源とエネルギーの有効活用を推進し、社会全体の環境負荷軽減に貢献してまいります。